ミタカ通信トップページ 
製品情報

ネットワークインターフェースユニット(遠隔監視端末)

インターネット回線を利用して設備を監視します
MIF−1601


ネットワークインターフェース ●インターネット回線を利用して、遠隔地の設備警報をお客様に知らせます。
 ・警報盤などからの接点およびアナログ信号をネットワークデータに変換。
サーバーに発信します。
・回線にはフレッツISDN・ADSLなどの一般インターネット回線が使用可能
です。
・固定IPアドレスがなくとも発信可能です。
●設備の状態をいつでも、どこでも監視することが可能。
(別途外部サーバーが必要です)

・パソコンとブラウザを使い、専用ホームページにて設備監視や警報監視
が行うことができます。
・異常が発生すると登録した担当者に自動でメールを送信することができ
ます。
・各種警報や数値はデーターベース化され、サーバー内に蓄積されます。
・データーは常に自動更新されます。
●既設設備にも取付可能なコンパクト設計。
 ・既設/新設を問わず、ちょっとしたスペースに取付ができます。
・信号テスト時に便利なLED表示。
・センサーの取替えや設置時に切替可能なDIPスイッチ付。(内部)
●用途に合わせてカスタマイズ可能な弊社サーバーセンター
・サーバーセンター内にデータを保存すれば、手間のかかるメンテナンス
を行わなくとも安全な環境で維持、管理が行えます。
・お客様のご要望にあわせ、専用のホームページを開設いたします。
・情報のセキュリティも万全。

ネットワークインターフェース外形図
ネットワーク部
インターフェース
EtherNet10Baes-T
実装プロトコル
UDP,ARP,ICMP
接点入力部
適合入力
無電圧接点またはオープンコレクタ
回路数
16回路
回路構成
フォトカプラ絶縁(重畳電圧12V)
アナログ入力部
適合入力
カレントループ回路(4-20mA)
回路数
4回路
回路構成
10BitA/Dコンバータ
電源部
所要電源
AC100(50/60Hz)
消費電力
20VA以下
周辺温度
動作時(-5℃〜40℃)
その他
寸法(W×H×D) ・質量
230×380×52(突起含まず) 4kg
消費電力
20VA以下
所要電源
AC100(50/60Hz)(電源ケーブル付属)

(c) Copyright 2011 MCS Corporation. All right reserved